忍者ブログ
top

 いわゆる足利事件で逮捕、裁判で有罪が確定し服役していた菅谷さんが、2009年5月の再鑑定により、遺留物のDNAが一致しない事が判明したのを受けて、再審が確定して、6月4日に釈放された。これから明らかになるであろうが、いわゆる冤罪事件である可能性が大きい。私たちの身の回りで起こるかもしれない冤罪の危険性などを考えていきたい。

2017.12
2017.11  << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >> 2018.01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

事件のあらまし
1990年5月12日
父親が足利市内のパチンコ店でパチンコに熱中している間に、同店駐車場から女児(4歳)が行方不明になる。
5月13日
女児の遺体を、渡良瀬川の河川敷で発見。
1991年12月2日
同市内に住む運転手のS(当時45歳)を、猥褻目的誘拐殺人の容疑で逮捕。
逮捕の決め手は、「女児の下着に付着していた体液DNA型と、SのDNA型が一致した」こと。

取調べ、裁判

Sは、警察や検察の取り調べ時に犯行を自白した。しかし、第一審の途中から否認に転じ、無罪を主張した。
当時、DNA鑑定警察庁科学警察研究所に導入されたばかりであり、弁護側は「信頼性に疑問がある」としていた。しかし、最高裁2000年7月17日に「DNA型鑑定の証拠能力を認める」初判断を示し、第一審の無期懲役判決が確定。Sは千葉刑務所服役した。

DNA再鑑定

2008年1月
日本テレビが、ニュース特集で足利事件の問題点を報道。自供の矛盾点やDNA鑑定の問題点などを指摘し、DNA再鑑定の必要性を訴えた。その後も継続して放送を行う。
10月
東京高裁は、DNA鑑定を行うことを決定(逮捕から17年目に当たる)。
2009年2月
検察側と弁護側の両者が推薦した弁護人2名が、DNA再鑑定を開始。
5月
再鑑定の結果、SのDNA型と女児の下着に付着した体液の型が一致しなかった。
真犯人のDNA型が判明したが、従来に言われていた型ではなかった。[1][2]
  • 事件は時効が成立。
6月
千葉刑務所より服役中のSを釈放。記者会見でSは「検察と栃木県警に謝罪してほしい」と涙ながらに語った[3]
栃木県警元幹部は事件の捜査について妥当だったと語り、さらに足利事件を思い出したくないと語った[4]
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
hide カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
hide フリーエリア
hide 最新コメント
hide 最新トラックバック
hide プロフィール
HN:
コータローの母
性別:
非公開
hide バーコード
hide ブログ内検索
hide P R
hide フリーエリア
hide 忍者アド
Copyright 足利事件に学ぶ冤罪 by コータローの母 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog /Template by テンプレート@忍者ブログ
Script by 小粋空間 / 徒然日記
忍者ブログ [PR]
bottom